辛い便秘。便秘で悩んでいる人は多いため、解消法も様々なものがあります。便秘は原因にも個人差があるため、同じ方法ですべての人が同じように治るというものではありません。便秘解消の代表的なものとして、腸のぜん動運動を促すという方法があります。これをご紹介しましょう。

うつぶせ寝がぜん動運動を促す?!

まず、ぜん動運動を促す便秘解消の方法はうつぶせで寝ることです。

この方法は、うつぶせで寝ることによっておなかにある腸の運動が活発になることで便通がなります。

また、ほかの方法にも食事は、食物繊維をこまめにとるとよい、一日三食きちんと食べること、自分の体重に適切な運動を心掛けるとよいなどの方法も便秘には効果的でしょう。

便秘には、一日の生活バランスが崩れてしまうことによって起こるのが原因のひとつで、毎日の仕事や家事に負われていると日々、運動を続けるのは難しくなってしまうと思います。

運動をすることでもぜん動運動は促されます。

一日のうちに何も食べない時間を作る

その他、便秘に効く効果のあるものが、一日8時間以上は何も食べない時間を作るといいでしょう。

また朝・昼・夜ときちんと決まった時間に食事をとること、夜の9時以降には何も食べないようにすることも便秘の解消には効果があるでしょう。

理由としては、寝る前にあまり多く食べてしまうと夜は大腸・小腸など内臓が一時的に休息の時間になるのでその間は機能しなくなります。

また、夜遅くまで起きていてしまうと内臓も正常に機能しにくくなってしまいます。

その他寝ている間には肌の修復などの効果を促すため、遅くとも夜の23時くらいまでには、睡眠をとるように心がけるのが良いでしょう。

睡眠をとらないのは、健康上もよくありません。

Comments are closed.

Post Navigation