妊娠する前は便秘なんて一度もしたことがなく、便秘とは縁がないと思っていても妊娠すると便秘になってしまうことはよくあります。なんと妊婦さんの7割は便秘なんだそうですよ。どうして妊娠すると便秘になりやすくなってしまうのでしょうか?それはホルモンバランスの影響があるからと言われています。

妊娠中はどうして便秘になる?

妊娠中の便秘を解消しよう

妊娠中の便秘を解消しよう

妊娠中はホルモンバランスに変化が生じるため、体に様々な変化が起きます。その中の一つが便秘です。便秘はそのままにすることができないので辛い症状の一つです。出産をしてホルモンバランスが元に戻っていくことで、便秘も緩やかに解消されていきますが、妊娠中の便秘はつらいものです。

妊娠中の便秘はホルモンバランスに加えて、つわりで食べるものが偏ったり、水分が不足することでさらに便秘になりやすくなっています。

妊娠初期はつわりがあり、中期以降になると子宮が大きくなって胃が圧迫されるため量もあまり食べることができません。食べる量が少なくなれば、便の量も少なくなり食物繊維も十分に摂れないため便秘が加速してしまいます。

妊娠中の便秘改善方法

妊娠中は市販の便秘薬は飲むことができません。できれば自然の力で便秘を解消していきたいところですね。

妊娠中の便秘を解消するには、水分をよく摂り、適度な運動をして、食物繊維をたっぷりと摂ることが大事です。妊娠中は赤ちゃんにも栄養を渡すため血液量が増え、水分が妊娠前よりも必要になります。しっかりと水分をとることを心がけましょう。

そして腸の動きを活発にするためにも、適度な運動は大切です。お腹が大きくなってくるとだんだんと運動不足になりがちになってしまいます。軽いヨガやウォーキングなど、あまり激しい運動にならない程度に体を動かして過ごしましょう。

便秘がどうしてもひどい場合はかかりつけの産婦人科医に相談すると便秘薬を処方してもらえます。この薬は妊婦さんでも飲めるものなので、安心できるものですが便秘薬なのでやはり効き目が弱かったり、強すぎたりと感じる個人はあります。

Comments are closed.

Post Navigation