便秘薬に頼らない、便秘解消法としてまず一番に思い浮かぶ有名なものは乳酸菌があげられるでしょう。便秘がちなので、ヨーグルトを食べるという対策をとる人は多いはず。便秘には乳酸菌が良いと言われていますが、最近ではオリゴ糖も人気を集めています。この二つを見ていきましょう。

便秘には乳酸菌を選ぶことが多いけれど・・・?

乳酸菌は胃酸に弱いとか、腸まで届かないと意味がない、人によって効果のある菌が違うなど、いろいろな情報を聞きます。

最近では「腸に届く」「免疫力を高める」」などいろいろな効能をうたったヨーグルトが販売されています。

しかしだいたいの場合、そのヨーグルトを1個食べたからといってすぐに効能を得られるわけではなく、しばらく食べ続けないといけません。

それでいて「効かない人」「効く人」に別れてしまう可能性が高くなっています。

オリゴ糖はお腹の中の善玉菌を増やす

そこでお腹の中の善玉菌を増やす食べ物としてオリゴ糖を試してみてはいかがでしょうか。

オリゴ糖は乳酸菌とは違い、胃や小腸で吸収されずに大腸へと到達します。そして大腸内でも吸収されずに、腸内の善玉菌の餌になります。

善玉菌はオリゴ糖を餌にする事でどんどん増えていき、悪玉菌を攻撃して減らすことで腸内環境が改善され便秘の解消へ導きます。

お腹の中の腸内細菌の栄養となるので、人によって効果が違うということはほどなく、全く効かないと言う事はないといえるでしょう。

取り方はシロップタイプのものが市販されていて、コーヒー、紅茶などの飲み物に溶かして飲んだり、また砂糖の代わりとして料理に使うこともでき、日常生活のなかで自然と取り入れていくことができます。

またプレーンタイプのヨーグルトにオリゴ糖シロップをかけて食べると、乳酸菌とオリゴ糖を同時に取り入れることになり、より効果が期待できるでしょう。

便秘に悩んでいる方はすぐに始められる手軽な方法として、オリゴ糖をおすすめします。

Comments are closed.

Post Navigation