便秘になるとお腹が張ったりするなどの症状が出て、なんだか身体も心もスッキリしない、という状態になりがちですよね。便秘が数日続くと、肌が荒れたり体の調子も悪くなり、体のあらゆるところに影響が出てきてしまいます。毎日の食事で食物繊維や水分をたっぷりとることを心がけましょう。

栄養のバランスをよく、食物繊維を摂ろう

食物繊維を摂ろう!

食物繊維を摂ろう!

便秘の解消方法として、食物繊維を摂取することがそのひとつです。お米や野菜、果物やきのこ類など食物に豊富に含まれているので、毎日献立に取り入れて、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類をバランス良く摂るようにしましょう。

野菜はそのままフレッシュな生野菜、ローストして甘味や旨みを引き出したもの、スープにして摂りやすくしたものなど、野菜そのものの味を活かした調理法で効率よく、そしておいしく献立に取り入れるようにすると、毎日気軽に食卓へ並べられますよね。

果物やきのこ類もサラダに入れると食感や味わいにバリエーションが広がります。

水分をしっかりとり、運動も取り入れよう

水分不足は便が固くなり便秘の原因のひとつなので、便秘がちな方は特に水分不足に注意しましょう。
起き抜けの1杯の水も効果的です。

お気に入りのミネラルウォーターを常備しておくなどして、小まめに水分を摂るようにしましょう。
また、便秘にはストレスが大敵です。

ストレスは溜めないようにするには、運動が効果的です。激しい運動ではなく、少し運動強度が高いと感じるくらいの運動を目安に行ってみましょう。

運動は乱れた自律神経を整える働きもあります。規則正しい生活をおくることも自律神経の働きを整えるので、睡眠や食事の時間や量など、なるべく生活リズムを一定に保つように過ごしましょう。

腸内環境を整えることも効果的で、ヨーグルトなどを献立に加えるのがおすすめです。

Comments are closed.

Post Navigation