おすすめの便秘解消法に青汁があります。青汁というと、栄養バランスを保つための健康食品と思われる方もいるかもしれませんね。確かにそのとおりなのですが、青汁の主成分は、大麦若葉やケールなどの野菜を凝縮して使っているので、食物繊維がとても豊富です。

青汁には食物繊維が豊富

便秘には青汁

便秘には青汁

食物繊維自体は、便のかさを増やし、大腸の動きを活発にします。そして腸の中の有毒物質を吸収して腸内環境を改善する善玉菌を増やし逆に悪玉菌を減らす効果があります。そのような効果から、食物繊維は便秘解消に適していると言えます。

青汁には多くの種類がある

青汁は最近では多くのタイプが販売されています。冷凍タイプや、粉末のものなど、様々です。一般的な飲み方は青汁を牛乳で溶かして飲まれることが多いようです。

数ある青汁の摂り方の中でも私がお勧めするのは、粉末タイプの青汁、できればお茶風味のものが良いです。その青汁を粉末のまま、ヨーグルトに混ぜて食べるのです。

ご存知のとおり、ヨーグルトには、ビフィズス菌や乳酸菌が含まれ、これらは食物繊維と同様に腸内の働きを整える働きがあります。でも、たまに、青汁を飲んで下痢になったという話を聞くことがあります。

これは、青汁とその方の体質の相性の問題だと思います。いくら青汁が便秘解消に良いからといって、摂取のし過ぎは良くありません。

摂りすぎると腸の活動がついていけない事態が起こりえます。自分にあった適度な青汁の摂取量を見つけて青汁を摂るようにしましょう。

青汁は毎日飲み続けることで、栄養バランスの維持にも、そして便秘の解消にも効果を発揮します。自分の好みにあう青汁を見つけて、長い付き合いで健康維持を心がけてください。

Comments are closed.

Post Navigation